逆流性食道炎の主な症状|デリーモでムダ毛対策!今年はツルツルお肌を手に入れよう♪

逆流性食道炎の早期治療を行なうなら症状を把握することが大事

逆流性食道炎の主な症状

胸やけ・吐き気・呑酸(どんさん)

逆流性食道炎になってしまうと大体の人が胃のあたりがムカムカしたり、気持ち悪くなる症状を訴えてきます。これは胃から胃酸が上がってくることで食道が荒らされてしまい、炎症が引き起こされるからです。特に胸やけは逆流性食道炎の中でもよく見られる症状でしょう。胃のムカつきは二日酔いと間違われることが多いのですが、症状が悪化するとキリキリとした痛みに変わっていきます。また、呑酸はゲップのような感じで酸っぱい胃酸が口の中で広がる症状で、胃からきた胃酸が口内まで上がってしまうことが原因になります。

のどの違和感を感じる・声枯れ・咳が出る

これらの症状も胃から上がってきた胃酸が原因でのどに炎症が起こってしまい、痛みや違和感を生じてしまいます。のどがヒリヒリ、イガイガしたような感覚が特徴でしょう。喉風邪とよく似ている症状であるため、逆流性食道炎だと気付かない人は少なくありません。加えて、胃酸がのどや気管支を刺激したり、食道の粘膜を通じて神経を刺激してしまうと咳が発生します。逆流性食道炎では、この咳が原因で喘息を発症してしまう人も珍しくないため、気を付けましょう。体調の変化に気付いてからすぐに対応することで、健康体は維持されます。