逆流性食道炎になる原因|デリーモでムダ毛対策!今年はツルツルお肌を手に入れよう♪

逆流性食道炎を発症する主な原因はストレスや肥満にある

逆流性食道炎になる原因

胃酸の過剰分泌と胃粘膜の減少が原因

重度なストレスがかかったり、過剰なガストリン分泌が起きたりしてしまうと胃酸が逆流を起こしてしまいます。また、お肉や脂っこい食事を摂りすぎや暴飲暴食なども胃腸の働きを活発にして、胃酸の量を増やして逆流性食道炎になることもあります。胃酸を少過剰分泌させないためには、やはりストレスを溜めすぎない、バランスの良い食事食生活を心がけることが重要です。普段の食生活に不安があるなら、カロリー計算や野菜中心の食生活に改善するなどの工夫を行なうと良いでしょう。健康的な体を手に入れるためにも最適です。

太りすぎも危険!腹部の圧迫も気を付けよう

肥満でお腹の周りにたくさんの脂肪がついていたり、ベルトなどで腹部を締めつけすぎていたりする状況もとても危険で、逆流性食道炎になってしまう原因になります。理由としては、腹部が圧迫されてしまうことで胃が外から押されている状態になり、分泌された胃液が逆流しやすくなるためです。身体の外からの刺激でも逆流性食道炎になってしまうので、日頃の生活から気を付けることが大事です。原因を知っていれば発症を防ぐことが出来ますが、原因は人によって異なるものです。対処法を覚えておくことも必要でしょう。